2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋風のフォルテシモ(二)

その略号を以下に示す。

 【Of】

これが今回新たに発明された「fff」の上にあたる演奏記号である。強意の上級系だと思っていただいて結構である。
そしてしばしば、これが強意の最上級形となるだろう。

今回、発音の簡便化の提案に伴い、従来見過ごされがちであったある点についても踏み込んで考えてみた。

Read More »

スポンサーサイト

秋風のフォルテシモ(一)

巨きな生き物を見つけたら、おおきな名前をつけたい。
それは人情というものだろう。

けれどことが恐竜の命名についてのことであれば、必ずしもうまい手段とは言えないのではないか。

例えば、ぶったまげるほど巨大な恐竜化石が見つかったとする。
研究者が鼻歌交じりにおっきな名前をつけるとする。

月日が経ってさらにおったまげるようなとても巨大な化石が出る。
前のものとは別種らしいから、新たに名前をつけねばならない。
研究者は頭をひねって、とびきりおおきな名前をそいつに与える。

さらに歳月が巡って、もうこれ以上はあるまいと思われるようなばかげたサイズの恐竜の骨格が出土する。
先のものとは別種である。
研究者は脳天をぶんなぐりながらおおきそうな名前をひねり出す。

数年後、それを超えるサイズの化石が出土する。
別種である。
研究者は頭をミキサーにぶちこんで、古今無双・空前絶後のスケールの名前を考える。

次にこれを超えるものが出たら、もう終わり。
研究者は脅えて暮らしている…。

 ***

そんな風な冗談をどこかで読んだことがある。

これをふと思い出したのは、「フォルテシモ」についてくよくよと考えていた時のことだった。

「ff(フォルテシモ)」は「f(フォルテ)」を基本とするフォルテ族のひとつである。「f」は譜面に記された強調の記号であり、強調の度合いを増すにつれて順次「ff(フォルテシモ)」「fff(フォルテッシシモ)」とfの字も増して行く。

明快である。

演奏記号は明快である。「より強いもの」を表すのにいちいち「ギガント」だの「メガトン」だのと新たな単語を発明するのに比べ、遙かに簡便でシステマチックな命名体系であると言える。直感的にもわかりやすい。これは優れた命名法ではないだろうか。

だが冒頭の学者ジョークで恐竜の研究者を襲った悲劇の足音はここにも幽(かす)かに聞こえ始めている。
たとえばこれをどう表現すべきだろうか。


「ffffffffffffffff」


また、なんと発音すべきなのか。

Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

キムラ

概要

園芸の道には鬼が住まふと云う。いや云いはしないのだがそう思う。

今週の好きなもの

今週の好きな絶滅海棲哺乳類はステラーカイギュウです。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

11 12 11 

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。